ラップ・作詞・作曲 『Jeda (ジェダ)』
by yunoshin5611
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:日常( 68 )
   
正月、はじめの一歩
あけましておめでとうございます。
今年はいつもより気合いの入り方が違い、書き初めなどやってみたり
しました。今年のテーマは「プラス思考」
初詣の出店でダルマさんなんぞ買ってみたり。
たのむぜ!ダルマさん!

正月三が日は、とりあえず寝正月でした。
食っては寝て、起きてはまたなにか食ってみる、の
くり返しでした。そら腹も出ますよ。肉たくわえてますよ。
もう一個今年のテーマ!「割れた腹筋。」

3日は新年会をやりました。彼女のマンションで
中学時代のバスケ部呼んで。
いつのまにやらみんなノンスモーカー。タバコ吸ってんのおれのみ。
みんなにさんざんタバコの不健康さについて語られ、脅され、吸ってたセブンスター
をいつもより早めに消しました。

もういっちょ今年のテーマ!「ノンスモーキング。」


というわけで始まった2005年。
今年もどうぞよろしくお願いします!

b0068976_1631383.jpgb0068976_16311395.jpg
[PR]
by yunoshin5611 | 2005-01-04 16:33 | 日常    
2004年最後の日記
今年ももうすぐ終わる。
2004年を振り返る。
今年一年は自分の殻を破るのに必死な年だった。
悩みを解決するために本をひたすら読んだ。
本から、ひとから、出会いから、音楽から、いろんなことから
たくさんのことを学んだ。
一番大きな学びは「感謝」の気持ちをどんなときでも
忘れてはいけないということだ。
簡単なことなんだけど、その簡単なことをふと忘れてしまったりする。
たくさんのひとに支えられ、助けられて
おれはここまで成長し、生きてこられた。
とてもとても感謝しています。ありがとう。
そして来年もよろしくお願いします!

来年は厄年。飛躍の躍で『躍年』だと思ってがむばります!
良いお年を☆☆
[PR]
by yunoshin5611 | 2004-12-31 17:08 | 日常    
雪が降る降る。
朝目覚めて窓の外見るとなんだか白くてまぶしい。
よく見たら雪が降ってた。
ひさびさに雪見たな〜。寒い寒い、とコタツに入りこみ
ぱらぱらと落ちていく雪を見ていた。

雪の日はいろいろ思い出がある。

高校のころ付き合ってた彼女と学校帰りに会ったが、
その日は雪だった。今思い出すとおぼろげだが、たしか
その頃はお互いの家には行けなかった気がする。
まだ高校生だから部屋に行くにも親の目が厳しかったのだ。
いや、雪で寒いのを理由にして部屋に行ったのかな?
とにかくあの時代は寒さに震えながら会っていたのだ。
どんなに寒くても会いたかった。
なつかしい。

あとガキのころ親父と一緒にフロ入ってて、その日も雪で。
何を思ったか二人でフロの窓から外に出たんだ、全裸で。
窓の外は畑だから人通りはない。だから通報はされない。
畑にたくさん雪がつもってて、それを洗面器に盛って
またフロに入る。
フロのなかに雪を溶かしたりして遊んだ思い出がある。
うん、なつかしい。
[PR]
by yunoshin5611 | 2004-12-29 18:26 | 日常    
子供のころ
クリスマスの朝、澄んだ空気のなか母の朝飯のしたくの音で
眼がさめ、枕元にはサンタからのプレゼントが置いてあった。
プレゼントの包みを開けるあの幸せな時間。
サンタがくれたのだ、と親に報告すると「良かったね」
と言ってくれた。
あの頃、サンタはどうやって家のなかに侵入するのかが
真剣に謎だったのだ。
おれはサンタは壁でもなんでも通り抜けられて、よなよな
壁を通り抜けてはおれの枕元にプレゼントを置いていく
半透明なおっさんだとばかり思っていた。

今の子供たちはサンタを信じているだろうか。
信じている子供たちは幸せである。
あの素敵な時間をこころから感じることが出来るのだから。b0068976_22131725.jpgb0068976_22133219.jpg
[PR]
by yunoshin5611 | 2004-12-25 21:52 | 日常    
もうすぐでクリスマス‥そんななか俺たちは‥
ゲームやってました!
プレステのウィニングイレブンていうサッカーのゲーム。
これがまたおもしれーんだわ‥
前に書いた中学からの付き合いのクマダくんと
なかば本気になって勝負をする。
またクマダ君がうめーんだ、このゲーム。
2-0とか3-0とかで余裕で屈辱の敗退を続ける。
もうやってくうちに腹立ってきちゃって、
「ロナウド!てめ!シュートはずすなぁ!」(ロナウド選手は悪くない。)
とか、自分が操る選手に罵声を浴びせる。
クマダはすぐファールする。しかもわざと。
「まじきたねーこいつ、ほんときたねー」(口パクで)
と、ぶつぶつ言いながらも、とても燃えてしまうのです。

そんなこんなしているうちに、ほんと久々に小田嶋くん(同じバスケ部だった)
がクマダ家に遊びに来ました。
昔は毎日のように遊んでいたけど、今ではもう忙しくて年に何回
か会うくらいのペース。せつない。
小田嶋くんはバンドのボーカルをやっていて
おれと同じくプロをめざしているのです。
音楽についていろいろと語りながら、
この道の険しさを改めて実感しました。

小田嶋くんのバンドはなんというか‥「摩訶不思議」
という言葉がぴったりの奇抜で個性的なバンド。
そんな彼等のHP‥
http://sound.jp/bss-bss/1.html
『お湯』から入って下さい。
楽曲試聴とか出来ます。
[PR]
by yunoshin5611 | 2004-12-22 23:59 | 日常    
中学生からのつきあい
埼玉にある中学校。かの漫画家古谷実が『稲中卓球部』のモデルにした
あの中学校でおれたちは出会った。
同じバスケ部で活動し、中学時代はいつも毎日のように遊んでいた。

そんな古くからの友人、クマダ君と自宅で久々にがっつり飲むことにした。
ウィスキーがグラスに注がれて、飲むと喉が熱くなった。
話は自然と昔を懐かしむ話とかになり、少し感傷的になる。
「おれらもあれから年とったなー」みたいな感じで。
だって10年以上のつきあいだし!

周りは社会に出るやつも増えてきて、自然と会う機会も少なくなっていった。
なんだか少しさみしい気持ちもあるけど、みんな心から応援したい。
そしておれもそろそろ社会に出る準備をしなきゃだ。

話は変わるけどクマダくんはかなりのおもちゃ通である。
部屋のなかはプレイモービルっていうのとかペッツやらが
たくさん飾られてる。
行くたびにいつもなんか増えててびっくりするんだわ。

おれはおもちゃに全然くわしくないから「これすごいレアなんだよ。7000円くらいする」とか言われても「この人形の何がそんなにレアなのだ‥」と、思ってしまうのである。

b0068976_12111349.jpgb0068976_12113063.jpg
[PR]
by yunoshin5611 | 2004-12-13 12:13 | 日常    
横浜散歩。
11月29日は誕生日だったので彼女のみかと横浜を
散歩しようということになりました。
クリスマス前とあって横浜の町並みはイルミネーションがきれいで
活気がありました。
まず中華街で昼食。梅蘭という行列ができている店で
食うことにした。20分くらい並んで入った店のなかは
有名人のサインやら写真がたくさんかざってあった。
ここの焼そばが有名らしい。
食ってみたら、ほんとに、うんまい!
梅蘭の焼そば、おすすめです。
それから中華街から山下公園をぷらぷら歩き、大道芸を見たりして
夜を待ち、赤レンガで夕飯にした。
赤レンガは夜になるととても素敵です。ほんとに素敵。
赤レンガで夕飯、おすすめです。

とうとう23になりました。
ワインを開けてお祝い。
今年は飛躍を願って。いろいろがんばらなきゃ。
b0068976_133126.jpgb0068976_1331725.jpg
[PR]
by yunoshin5611 | 2004-12-01 01:12 | 日常    
フリマ決行!〜フリーマーケット大会@埼玉スタジアム〜
つねに貧乏デートなおれと彼女のみか。
夕食にレタスをひと玉買って分け合い、マヨネーズをかけて食ってた
日常に危機感を感じ、『フリマ大会であわよくばひともうけ作戦』を決行!

会場は埼玉スタジアム。天気は快晴の絶好のフリマびより。
彼女のみかとトシロー、かれんちゃん、そしておれの4人で出店した。
大会開催前はかなりの数のお客さんが入り口の前で待っていて
早くもテンション高め。
店を出すといきなりおれのジージャンが1500円で売れて
さらにテンションが上がる。

だんだんみんなの品物がいい感じで売れはじめてけっこういい調子。
鍛えられた肉体美を誇るトシローが向かいの店でブルース・リーの
カンフースーツ(黄色いぴっちりしたあれね)を見つけ、800円で衝動買い。
すぐさまそれに着替えると‥なんかすっごい怪しさ満点。「ホアチャー!!」とか叫んでるし髪ボウズだし黄色いしすげー目立つ‥
通るひとはみんな振り返ったりしてびっくりしてたり笑ってたり。
その黄色いカンフースーツ効果でけっこう立ち止まってくれる人も
増えた(怪しすぎて近付かないようにしてた人もいたかも)。
お客さんと和気あいあいやりながら仲良くなったり、
子供におもちゃをあげたりしながら時間は過ぎていった。

後半になると売れ残りは50円にしてもまったく売れず、とうとうタダにした。
「段ボールの中タダですよー!!!」
って呼び声かけたら人が群がる群がる。おばさん集まる集まる。
なんかフリマって楽しい!
ゴミ同然だったおれんちの古着は最終的には7000円くらいに
なり、みんなはけっこういい感じの売ってて1、2万くらい稼いでた。

帰りの夕日がすごくきれいでなんだか感動しつつ、
「今日はよかったよかった!」
と言いながらおれらは埼玉スタジアムを後にした。b0068976_1226353.jpgb0068976_110646.jpg
[PR]
by yunoshin5611 | 2004-11-23 23:59 | 日常    
ブログトップ