ラップ・作詞・作曲 『Jeda (ジェダ)』
by yunoshin5611
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
   
人生最後の卒業式

3月25日、卒業式当日は小春日和であたたかな天気だった。

起きたのがぎりぎりで遅刻してしまうのは確実。

向かう電車の窓から桜の木が見えて、

少しだけ桜のピンクの花が咲き始めていた。   


思えばいろいろあったなあ‥

「もっと~しとけば良かった」

というのは、中学でも高校でも卒業したときに思ったことで、

やはり大学を卒業する、となったときもそんな思いが少し頭にあった。

いつになっても「終わりのとき」というものはそういう感情になるものなんだ。


青学の前に着くと、袴の女の子やスーツの人とかでキャンパス内は

にぎわっていた。卒業式の会場は満員状態で最初は外からしか

見られなく、しょうがなく父母席から卒業式の様子を見ていた。

「ん~なんかこれじゃ卒業気分になれないなあ。」としょんぼりした気分になる。

しばらくして警備のひとに無理を言って中に入れてもらい、

そこで、やっと「卒業生」の気分になれた。


卒業式には僕の両親と彼女が見に来てくれて、とても嬉しかった。

うちの母親は「もういい加減卒業する姿を見せてよ。」

と常日ごろから言っていたので、無事姿を見せられたので良かった良かった。

ほんと、心配かけました。


通い慣れたこの大学も今日でお別れだ。

この静かなキャンパスや、桜の木の下のベンチ、

イチョウの並木道と、日々にぎわう学生ロビー。

どこも僕のお気に入りの場所だった。



式が終わって、ここぞとばかりに記念の写真を撮りまくった。

少しさびしい気持ちを残しながら大学の正門を抜けて、

また振り返る。

春の日差しの下で、卒業生たちの顔はとても幸せそうだった。
[PR]
by yunoshin5611 | 2006-03-26 23:10 | 日常    
パスポートで3時間待ち

待ち疲れしてしまったー。

パスポートセンターは人で溢れて、

センターの外まで人が受付を待っていた。

4時半の受付終了時間が終わると、入り口のドアの鍵が閉められて

シャッターが降り、ちょっとした監禁状態になる。

センターの中の人々は、皆電光掲示板を眺めて

途方に暮れ、なんとなく不思議な光景だった。



僕が受け取った受付番号は995番で、

あと300人くらい受付を待っているらしく、かなり果てしない。

センターの人から「2時間は待つことになる」と言われた。


実際3時間くらい待って呼ばれたのが夜の7時過ぎ。

おかげで本を1冊読み終えてしまった。

ホリエモンの「100億稼ぐ仕事術」っていう文庫。

ブックオフで100円だったからなんとなく買ってみた。

b0068976_21393817.jpg











いろいろあって逮捕されてしまったけど、仕事術に関しては優れた人に

違いはないので、あまり能率の良くない僕も少しその知識を

わけてもらいたいなと思って。


さて依頼された歌詞を書かなくちゃだー。徹夜かなー。。
[PR]
by yunoshin5611 | 2006-03-20 21:45 | 日常    
やっとの思いで卒業だ、大学さらば

もー長かった。
何年かかったかはもう秘密だ。

お前小学校か??
ってくらい大学にいました。

やっと、、やっと、、(泣き崩れ)


卒業でけたーーー!!!

うわーもう駄目なのかと思ったー!

あきらめないで良かったー。。



父ちゃん母ちゃんありがとう。。迷惑と心配ばかりかけてほんとごめんなさい。



おれ経済学科なんだけど、ほんと経済が苦手で。

試験もレポートもまるっきしダメだった。

途中何度大学やめようと思ったことか。


でももうやるしかないって決めたとき、

他の人なら3日前から効率良く勉強する試験勉強を、

何日も前からすごい効率の良くない勉強方法でやった。



近道しないで地道にやるのが一番合ってる人間だ、
ってわかったから。

こつこつこつこつ、地味~に頑張った。

小心者だからカンニングもしなかった。

たしか大学の試験のときもこんな感じだったな。


人生もこんな感じで頑張るしかないかも。



とにもかくにも、良かった良かった。

しかし神様いるね。

初詣で神社行ったとき超ーお願いしたよ俺。


神ありがとう。とても心配してくれた親ありがとう。
支えてくれた彼女ありがとう。
相談にのってくれた友人ありがとう~。

みんなほんと感謝してます。
[PR]
by yunoshin5611 | 2006-03-13 22:43 | 日常    
鈍行列車で箱根温泉

行ってきました!

中学からの友達で同じバスケ部だったやつらと。

メンバーはくまだ君、かっちゃん、小田嶋君と僕の4人。

学生生活もみんな今年で終わって、きっともうなかなか

休みの日にどっか行ったりとか気軽に出来なくなるだろう

ということで(寂)。


男だけで行く旅行は、女の子がいる場合とぜんぜん楽しみ方やら

気楽さみたいなものが違うし、何より気を使わなくていいので

とても楽しかったです。



行きも帰りも小田急の鈍行。

けっこう時間がかかるもんなんだけど、

バカ話ばかりしてたらすぐ着いてしまった。



バッグの中にウィスキーのボトルやら缶ビールを大量に

入れて、いざ旅館。


泊まった旅館は「南風荘」っていう雀荘みたいな名前のとこなんだけど、

とても綺麗で温泉も気持ちよくて最高でした。



男だけだから、すれちがう女の子を見て

「かわいくね?」とかときめいたり、

風呂上りに酒飲みながらマージャンやって、

気がついたら明け方の4時くらいになってたり、

そんで朝は二日酔いでぐだぐだで死んでたり、

たわいの無い話で爆笑したり。

なんかドタバタだったけど、とても楽しかったです。


またいつかねー。


今度は海外でも行こうぜ。
[PR]
by yunoshin5611 | 2006-03-07 21:03 | 日常    
ブログトップ